News

合成雑草は統合失調症を引き起こす可能性がある

統合失調症患者は、なぜ過度に喫煙するのか|医師向け医療 … 統合失調症患者にみられる過度な喫煙行動について、米国・ミシガン大学のMika Hirasawa-Fujita氏らによる検討の結果、ミューオピオイド受容体(mu opioid receptor)機能欠損の一塩基遺伝子多型(SNP)が、統合失調症患者における喫煙を増加していることを明らかにした。また同女性患者では 統合失調症の患者さん - home.m07.itscom.net 現在、統合失調症は投薬によるコントロールで社会復帰が可能です。統合失調症メーリングリストなどもできており、差別の解消や社会復帰の道を求めてさまざまな試みが行われているところです。 bさん 30代女性 数年前から治療を受ける。 統合失調症とセロトニンの関係。増やす方法と陰性症状について …

統合失調症 と「セロトニン仮説」 | 晴れ、ときどき統合失調症。

統合失調症患者は、なぜ過度に喫煙するのか|医師向け医療 …

そこで統合失調症関連分子であるDISCに注目し、同遺伝子産物が興奮性シナプスの主要な形成部位である樹状突起スパインの形態を制御することを見出しました(Hayashi-Takagi A et …

統合失調症では遺伝的な要素があると考えられていますが、あくまでも原因のうちの1つに過ぎません。たとえば全く同じ遺伝子をもった一卵性双生児が2人とも発症するわけ  神経伝達物質にはさまざまな種類がありますが、統合失調症の発症と関係があると が統合失調症に似た幻覚・妄想を引き起こすことから、統合失調症の陽性症状に脳内  2017年9月5日 脳発達期の脂肪酸の摂取不良が統合失調症発症リスクに関与する可能性がある や不妊、免疫力の低下など、さまざまな障害を引き起こすといわれています。 合成することができる)を既存の精神疾患治療薬と共に投与すると症状緩和  統合失調症の診断は、考えられる他の原因の可能性を検査で否定した後に、症状に 症は、症状があまり知られておらず、治療の開始が年単位で遅れる場合もがある 性疾患、他の精神障害など、様々な病気が統合失調症と似た症状を引き起こすことが 

精神疾患の1つである統合失調症は約100人に1人が発症する精神障害です。思春期青年期の発症が多く、幻覚・妄想などの陽性症状、意欲低下・感情鈍麻などの陰性症状、認知機能障害等が認められ、多くは慢性・再発性の経過をたどり、社会機能の障害をきたします。

1月29日:統合失調症の動物モデル(1月23日号Nature Medicine …